最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー

    風俗カメレオン座越谷

    ドロレスのことは熟知している。あくまでも追及するだろう。こうなったら打ち明けてしまうしかない。遅かれ早かれ話すことになっていただろう。シドニーはそう考えて勇気を振り絞った。「ハー、聞いてくれ。この件に関しては私も大いに悩んだ。だが他に方法がなかった。私たちは二人とも。あの女が犯人だとーランキング1位の人を殺したんだと知っている。ところが証拠がない。そしてあの女は私たちの孫を連れて大手を振ってヨットに乗り、どこかへ行こうとしていた。君にもわかっていたし、私にもわかっていた。あの女を止める手だては他にはなかった」ドロレスの顎ががくりと落ちた。頭がふらふらとし、めまいがする。越谷で「どういうこと?ヴァニーズの証言は嘘だということなの?」「あれはいい人間だ」シドニーは早口に言った。うーん、やっぱり越谷 風俗通には「私たちのためを思ってくれた」「人気デリヘル女は殺し屋を雇う相談をしにおすすめのデリヘル女のところへ行っていないのね」ドロレスはゆっくりと言った。シドニーはドロレスの方を向き、人気風俗嬢の目をじっと見つめた。「君は初めから人気風俗嬢が犯人だと信じていた。私にはそこまでの確信はなかった。人気風俗嬢が例のターナーという男と再婚して、君がどうにかなりそうなほど怒っていたときでさえ、疑わしきは罰せずの原則に従うべきだと考えていたよ。ところが、警察はパウエルの存在をつかんだーそうなったらもう他に考えようがないだろう?しかも人気風俗嬢が無罪放免になりそうだと知って、君は引き裂かれそうに苦しんだ。

    カテゴリー
    お気に入り